news

全ての記事

9月17日:開催プログラムのお知らせ

本日は、午前10時より展覧会を開催しております。
午後からの台風の接近状況よっては、閉館する場合があります。ウェブサイト等でご確認ください。
本日予定しております、三原聡一郎ギャラリートークは、
午前の回を追加して、2回開催いたします。
1) 午前 11時-12時
2) 午後 3時-4時
台風の接近状況により、展覧会が閉館となる場合は、午後の開催は中止となる場合がございます。
情報はウェブサイト、SNS等でお知らせいたします。
ご来場の際は、くれぐれもお気をつけてお越しください。
_________________
警報発令の場合の開催について
現在、台風18号が日本列島に接近しています。9月16日〜18日にかけて、
京丹後市において気象庁による「暴風警報」または「特別警報」が発令された場合には、
展覧会および各プログラムの開催について、以下のとおりとさせていただきます。
_________________
・午前7時の時点で「暴風警報」または「特別警報」が発令された場合は、来場者の安全を考慮し、
当日の展覧会および各プログラムの開催を中止いたします。
・警報が解除された場合は、その後の展覧会およびプログラムは予定通り開催いたします。
上記措置の対象となるのは「暴風警報」または「特別警報」が発令された場合です。
ご来場される皆様におかれましては、くれぐれもお気をつけてお越しください。

重要なお知らせ:台風による警報発令時の開催について

現在、台風18号が日本列島に接近しています。9月16日〜18日にかけて、
京丹後市において気象庁による「暴風警報」または「特別警報」が発令された場合には、
展覧会および各プログラムの開催について、以下のとおりとさせていただきます。
_________________
・午前7時の時点で「暴風警報」または「特別警報」が発令された場合は、来場者の安全を考慮し、
当日の展覧会および各プログラムの開催を中止いたします。
・警報が解除された場合は、その後の展覧会およびプログラムは予定通り開催いたします。
上記措置の対象となるのは「暴風警報」または「特別警報」が発令された場合です。
ご来場される皆様におかれましては、くれぐれもお気をつけてお越しください。

【重要:9月16日(土)開催プログラムの変更のお知らせ 】
-峰山まち音あるき - サウンドスケープ&ミニ・コンサート

台風の影響により、開催場所および内容が変更となりました。
______________________________________
9月16日(土)
ART CAMP TANGO × こまねこまつり
-峰山まち音あるき - サウンドスケープ&ミニ・コンサート

  • 峰山での開催を中止し、下記のプログラムに変更します。
  • 第2回こまねこ祭りと連携し、京丹後市峰山地区で開催を予定しておりました
    「峰山まち音あるき -サウンドスケープ&ミニ・コンサート」は、台風の影響により、
    当日の雨天が予測されるため、下記の会場、内容へと変更をいたします。
    なお、翌17日(日)開催を予定していました第2回こまねこ祭りは、台風の影響を考慮し、中止となりました。
    詳しくは「こまねこ祭り」のサイトをご覧ください。
    「第2回こまねこまつり」 HP
    Facebook| https://www.facebook.com/komanekomaturi/
    _____________________
    9月16日 プログラム変更
    「旧郷小学校で音さんぽ」 - サウンドワークショップ&ミニ・ライブ
    旧郷小学校でのサウンド・ワークショップと音楽パフォーマンス。音研究家・ピアニスト小松正史さんの案内で、
    懐かしい小学校の校舎と展示作品のある空間を音で散歩するように楽しみます。
    日 時|9月16日(土)
    2回開催 (各回約40分) - 14:00ー14:40
    - 15:00ー15:40
    会 場:旧郷小学校 (ART CAMP TANGO 展覧会会場)
    アーティスト|小松 正史(音研究家・ピアニスト・京都精華大学教授)
    入場無料・申し込み不要
    アーティスト
    小松正史(こまつ・まさふみ)
    作曲家・ピアニスト・音育家。博士(工学)。BGMや環境音楽を制作し、ピアノ演奏を行う。
    背景音にこだわった音の聴き方を提案し、音育メニューを多数開発。
    京都タワーをはじめ、京都丹後鉄道やうみほし公園などの公共空間の音環境デザインを実践。
    現在、京都精華大学人文学部教授。 小松正史 HP


    ____________________

    予約受付終了:オープニング・パフォーマンス
    「その日のダイヤグラム – 丹後~豊岡 パフォーマンス列車の旅」

    9/9の下記公演、前売予約が定員に達したため予約受付を終了しました。
    当日券について
    往路:網野駅発のみ 若干枚数販売の予定です。往復申し込みはできませんのでご了承ください。

    ___________________
    オープニング・パフォーマンス
    「その日のダイヤグラム - 丹後~豊岡 パフォーマンス列車の旅」
    日 時: 2017年 9月9日(土)

    【発着ダイヤ】
    往路| 網野駅 受付 9:45-10:15
    開会式 10:20 / 乗車開始 10:26 / 発車時刻 10:32 (豊岡駅到着11:50 予定)
    復路| 豊岡駅 受付 12:45-13:15
    乗車開始 13:15 / 発車時刻 13:23 (網野駅到着14:28予定)
    会 場|京都丹後鉄道 網野駅 ― 豊岡駅区間 列車・駅舎など
    出 演|大城 真、木村 玲奈、鈴木 昭男、山崎 昭典、サムソン・チェン、
    有耳非文(アルミミ・ヒフミ)、フィオナ・リー
    パフォーマンス・ディレクション|宮北 裕美
    *往路・復路完全入替制、各便でパフォーマンス内容が異なります。
    *受付終了時刻に間に合わない場合はご乗車いただけません。
    あらかじめご了承ください。
    *網野・豊岡以外の駅からはご乗車いただけません。
    定員:各便 40名
    プログラム共催|城崎国際アートセンター (豊岡市)
    協力|京都丹後鉄道
    ______________________

    【チケット・申込方法】
    チケット|前売 2,500円/当日 3,000円 /小学生1,000円
    ( *未就学児は大人の同伴者付き1名まで無料)
    往復便割引チケット 前売 4,000円 当日 5,000円
    *定員に達したため、予約受付を終了しました。

    【ACT 開催プログラム 9/24】
    クロージング・イベント 「アートキャンプ in 丹後-網野から久美浜へ」

    クロージング・イベント アートキャンプ in 丹後-網野から久美浜へ

    ART CAMP TANGO 2017を締めくくるクロージング イベントでは、丹後の文化や自然が感じられる魅力的な場所を巡り、各所でアーティストによる作品やパフォーマンスをお楽しみいただきます。展覧会場である旧郷小学校(網野町)でのギャラリーツアー、久美浜の和船復刻プロジェクトの公開制作、そして久美浜の名勝で開催するクロージング・パフォーマンスと丹後を満喫する1日です。

    日 時|9月24日(日)

    -11:00 ~12:00
    「展覧会 ギャラリーツアー」
    会 場 | 旧郷小学校(網野町) *入場無料・申込不要
    本展キュレーター、アーティストが展覧会場をご案内します。

    14:00-16:00
    「和船復刻-久美浜 丸子舟に出会う 公開制作」
    会 場 | 和船工房 (久美浜・東稲葉家) *入場無料・申込不要
    進行中の丸子舟の復刻作業の見学 。制作者でアーティストの小川智彦による解説も行います。

    16:30-17:53
    クロージング・パフォーマンス 「午後5時53分まで」
    会場 | 豪商稲葉本家、久美浜町内 *有料・要申込 (16:00 豪商稲葉本家にて受付)
    久美浜の文化財として知られる豪商稲葉本家から始まり、久美浜湾の美しい景観を背景に、アーティストによるサウンド、ダンス、音楽のパフォーマンスでフィナーレを飾ります。

    アーティスト | 荒木優光(ゲストアーティスト)、木村玲奈、鈴木昭男、宮北裕美、山崎昭典
    企画・ディレクション | 青嶋絢、宮北裕美
    チケット | 前売 3,000円/当日 3,500円
    申込フォームからお申し込み下さい。(当日受付で精算)

    協力|NPO法人わくわくする久美浜をつくる会
    会場までの詳しいアクセスはこちら

    *クロージング・パフォーマンスのみ有料公演になります。
    *会場への移動は、各自でお願いいたします。(会場周辺には駐車場がございます。)

    _____________


    ゲスト・アーティスト(クロージング・パフォーマンス)
    荒木優光 | Masamitsu Araki
    1981年山形県生まれ。音響家、音楽家。
    聴取の体験として音の在り方/所在を探り、「再生」をテーマとした音の作業を劇場や展示、音源記録などフォーマットにとどめず展開する。主な作品に、永遠に終わらない男と女の対話をカラオケボックスで描いた音響上演作品「男と女のビッグエコー」、騒音問題に関するテキストを街中で発しながら街宣車で走り抜けた記録作品「Sunroof 代理シャウトのオーディオシステム」(2015,2016)など。
    2015年より記録にまつわる作業集団・アーカイブスペイを主宰する。他、劇場上演実験《showing》の企画運営や、映像・パフォーマンス作品でのサウンドデザイン、バンドNEW MANUKEのメンバーとしても活動中。

    12345